ワシントン州競業避止に関する法律 – 2021年報酬基準額改定

2020-12-13

本年 1 月 1 日より、ワシントン州競業避止に関する法律(RCW 49.62, Noncompetition Covenants)が施行されました。同法に基づき、ワシントン州労働産業局は、従業員および独立請負業者(independent contractor)の年間報酬基準額を、物価の上昇に合わせて毎年調整します。この金額は、労働者に対する競業避止義務の適用可否を判断する基準額となります。

雇用主が労働者に競業避止義務を課す場合、2020 年においては、従業員は年間給与額が 100,000 ドル超、独立請負業者は年間報酬額が 250,000 ドル超であることが求められました。2021 年には、これらの基準額が、従業員の場合は 101,390 ドル、独立請負業者の場合は 253,475 ドルに引き上げられます(ご参考リンク)。

雇用主には、競業避止義務を負う従業員および独立請負業者の年間報酬額を、2021 年の基準額と照らし合わせて確認することが勧められます。

【ご参考記事】ワシントン州競業避止に関する法律、2020 年より施行開始

免責条項: 本ページ含め、本ウェブサイトは、一般的な情報をご提供するものであり、法的アドバイスを提供するものではありません。本ウェブサイトのご利用・アクセスにより、依頼者様と弁護士の関係を構築するものではありません。当事務所は、本ウェブサイトに掲載する情報の正確性、妥当性等に関し、細心の注意を払っておりますが、その保証をするものではなく、本ウェブサイトの利用によって、利用者等に何らかの損害が発生した場合でも、一切責任を負うものではありません。当サイトの利用にあたっては、利用者自身の責任において行っていただくようお願いいたします。なお、本ウェブサイトのコンテンツやアドレスは、予告なしに変更または削除されることがあります。また、本免責条項は、予告なく変更されることがあります。